イメージ画像

頼れる探偵

調査で得られた情報を記憶にとどめることが出来ない探偵ははっきり申し上げて「探偵としての能力が低いという評価」しか得られないことでしょう。

ご依頼内容に関わる情報に直結しているか?記憶にとどめて判断が可能とならなければ「その探偵が手掛ける多くの調査は質の低い報告が多発」してしまうものです。

人間の機転という部分において才能を発揮する探偵が手掛ける案件は「困難を打開する場面」が多く、ご依頼される方々も心強い存在として認識されることでしょう。

もし、探偵が必要なトラブルや悩みを抱えることがあったならば、「頼れる探偵」に依頼したいものです。

頼れる探偵をお探しなら探偵事務所レディース

結果を出す探偵

世間的な評価として「有言実行な人物の評価は高い」と言えます。

探偵業界においても「結果を出す探偵」の存在は探偵業界全体の高評価に繋がる存在であり、業界内に多くの優秀な探偵が存在する意義は大きいと誰もが思うところでしょう。

口数ばかり優先して肝心な現場での調査の結果がついてこない探偵は「正直なところ心配な探偵」という評価となってしまうでしょう。

言い訳やはったりの多い探偵は当然ながら口数が多く「実力が伴わない」ことが言えるものです。

対して現場の調査結果で応える探偵は「小さな情報であっても見逃さずに仕事に向かう姿勢」をもって日々の業務に実施しているものです。

結果ばかり求めていても調査がスムーズに進行しないことを理解している「頼れる探偵は日々の調査で得られる情報からのヒントに敏感なアンテナ」をもって情報収集を実施し口数少なく結果を出すことに集中しているのです。

優秀な探偵ほど調査結果を出す時間が短くなる

優勝な調査を実施可能な探偵は「多くの無駄を省いた調査を実践可能」と言えます。

対して実力不足な探偵は「裏付けの存在しない勘に頼った調査を実施してしまい無駄な調査が多発」してしまうものなのです。

どのような業種であっても「2度手間や3度手間」はあってはならない大きなミスと言えるでしょう。

このような無駄が横行する仕事をしてしまう探偵は「調査に要する無駄な時間が多発」してしまうため、スピーディーな調査報告は可能とならないばかりか無駄な経費まで必要となってしまう質の低い調査を連日実施することとなってしまうのです。

言い訳が多く調査の期日に間に合わない業務が多発する探偵との業務は「優秀な探偵であるか?」見極める基準にもなるので注意が必要なところなのです。

優秀な探偵は依頼人に調査結果の確約をしない

調査を実施する前から「必ず結果が出ます!」などの確約をする探偵は「はっきり申し上げてペテン師」と言われても仕方ない次元と言えます。

どのような仕事でも「必ず」や「絶対」「100%」という言葉は謙虚に使用しないものです。

後に自身の首を絞める言葉を使用する探偵は有能とは言えませんね。

尚且つ、目先の依頼欲しさに口から出まかせともとれる「調査結果に対する確約」と誤認されるような発言は控えるべきと言えます。

この人はお調子者だなという次元で相談者が受け止めてくれるならば後に問題になりませんが「あなたが調査前に絶対と言ったから調査を実施した!」などの言った言わないのトラブルに進展することも充分に考えられるのです。

探偵の調査を利用する前に読む

悪徳探偵という言葉が絶えないほど「探偵と依頼人のトラブル」は後を絶ちません。

それではなぜ法規制が実施されて今なお改善されない本質のお話しをしますと、「依頼する側の認識」と「調査を実施する側の認識」が異なることがトラブルが絶えない原因に大きく関わっているのです。

当然ですが調査を「依頼する依頼人は結果を求めて探偵と調査委任契約を交わし調査を実施し報告と引き換えに報酬を支払う」こととなります。

端的な流れで探偵と依頼人の位置関係をご説明すると上記が適当であると考えられます。

しかし、報酬に見合った探偵の調査が実施されるか?という点において「依頼人が期待する結果が得られないケース」が多く存在し満足な調査とならないケースが存在してしまうのです。

ご依頼する側はこのような状況が事前に想定内であるならば後のトラブルももっと減少するのでしょうが、実際には「想定内にこのような結末の認識はない」ことがトラブルの多くに繋がっているのです。

ここで、何が必要になるか?という重要ポイントについてお話しするならば「探偵による調査のリスク説明」が実施されるべきであると考えられるのです。

全ての調査においてご依頼者が期待する結果が出る可能性は高くないことを事前に相談者に伝える義務があると考えられるのです。

加えて探偵が実施する調査全般において安価な調査は少ないこともリスク説明として必ず実施するべきと考えられるのです。

このページの先頭へ